クリエイティブ作品量産の為のビジネスモデルを考えました。

IoTがらみのお仕事で秋葉原に部品を眺めに行きました
今どきのぬいぐるみは温度を測れるしスマートホンに
もつながってしゃべれるな 

1480円くらいで浅草のおみやげ屋さんで売ってても
おかしくはない 

Creative Commons(CC BY)

損益分岐点の計算や原価計算や製造販売はどなたでも独自に
行えます。得意なこととIoT時代のチップを組み合わせて
できることって多種多様です。

温度を測ってスマホにデータを送るスライムとか
Onちゃんとかくまモンとか ひこにゃんとか

温度と湿度を測ってしゃべるスヌーピーとか
似たようなことができるマトリョーシカとか

温度と湿度を測る部品があるからI2Cでデータを拾って
bluetoothLEで飛ばせる回路か書ける人なら作れそう

品揃えと腕前からするとTOCOSさんか太陽誘電さんなら
専用チップのインテグレーションできそうですね

mbed
https://developer.mbed.org/users/nxpfan/notebook/lets_get_started_jp/

たまごっちみたいな安価に供給する技術も大切
ゆるキャラに埋め込むためのインテグレーションチップの開発

IoT時代のぬいぐるみについて考えて、
コンビニエンスストアや書店、子供向けのおもちゃやさんで
販売できるくらい作りこむことができれば、、、、

スマートホンにつながること、温度や湿度が測れて通信することろがIoT

研究室で稼働中の実験回路もこんな規模
2016-04-13 (2)

DSCN1031m

ピンポンパール

ピンポンパール

機能を絞ってお求め安くパッケージングして流通に乗せる
肖像権やアイディアをお持ちの方にはこちらがお勧め
http://www.marutsu.co.jp/pc/static/business/kiban/index

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>